ブログ収益化

ブログ1記事あたりに書くべき文字数はどれぐらい?【ブログ初心者のあなたへ】

「ブログってどれぐらいの文字数が理想なんだろう?」

「アクセスを集めるためにどれぐらい書けばいいのだろうか」

 

と、文字数に関して疑問に感じている初心者の方はとても多いです。

 

他にも「アクセスと収益を集めるためにも、その分文字数は多い方がいいのだろうか?」と考えている人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、ブログ初心者向けに1記事あたりに書くべき文字数はどれぐらいが理想なのか、文字数を増やすためのコツをご紹介していこうと思います!

ブログ1記事あたりに書くべき文字数はどれぐらい?

ブログ1記事あたりどれぐらい文章を書くべきなのか。

 

最初に結論から述べると、1記事あたりの文字数はこれぐらいが理想!という明確な答えはありません。

 

文字数というのは、どういったネタで、どういったキーワードで記事を書くのかに大きく左右されるからです。

 

1000文字ほどで読者のニーズに答えられる記事を書ける場合もあれば、逆に3000文字以上で読者のニーズに答えられる記事を書ける場合もあります。

1記事あたりだいたい2000文字以上が多い

読者が満足してもらえるよう、記事を分かりやすく丁寧に書こうとなれば、だいたい2000文字は超えていることが多いです。

 

なので、どれぐらい文章を書けばいいのか分からない人は、ひとまず2000文字あたりを目標にして記事を書けばいいと思います。

 

とはいえ、ブログに馴染みがなかった初心者の方からすると、それなりの文字数に感じてしまいそうですよね。

 

最初は2000文字以上書くだけでも大変かもしれませんが、慣れるまでそこまで時間がかからない上に気がつけば2000文字超えてたなんてことはよくあります。

 

2000文字はあなたが考えている以上にあっという間に到達しますよ!

ブログ初心者がなるだけ多く文章を書く方法

読者のニーズに答える分かりやすい記事を書くために文字数は自然と多くなりますし、1000文字ほどだとニーズに答えられない記事に仕上がる可能性があります。

 

少なくとも2000文字以上が理想ですが、初心者にとってハードルが高いかもしれません。

 

「1000文字書くだけで精一杯」

「2000文字も書ける内容が思い浮かばない・・・」

 

という悩みを抱えている初心者は多いのではないでしょうか?

 

今回は、ブログ初心者でもできるなるだけ多くの文章を書く方法についてお伝えしていきます!

プラスアルファで情報を伝える

1つ目がプラスアルファで情報を伝えることです。

 

メインとなる読者のニーズ以外にも、知りたいことは何かなと考え、記事の内容に反映させることができます。

 

例えば、「福岡 カフェ 口コミ」というキーワードを狙って書く場合、ただ単に口コミを載せるだけでなく他に知りたいことは何かを考えてみます。

 

口コミを調べるということは、もしそのカフェの評判が良かった場合実際に訪れる可能性が高いですよね?

 

となると、記事内で紹介したカフェで人気のメニューも合わせて紹介するということもできますね!

 

こんな感じに、読者がプラスアルファで知りたいことを自分なりに考え、記事に反映させていくと読者の満足度も上がり、Googleからの評価も上がります。

他のライバルサイトを参考にしてみる

自分の頭で考えるだけでは、どのように内容を充実させていけばいいのか分からないと思います。

 

そういった時は、他のサイトがどんな内容を書いているのか参考にしてみましょう。

 

狙ってみるのは上位表示されている記事。

その記事の内容を確認することで、こういった内容を書いているのかと勉強になることが多いです。

 

ただし、文章と内容を丸パクリするのはNGです!

Googleからの評価の面でもよろしくないですし、そのまま似たような記事を書いても上位に表示させることはできません。

 

他のサイトの内容を参考にしつつ、プラスアルファで情報を追加し、そのサイトの記事を抜かすつもりで書いていくことが大切です。

より多くの文章を書く上で注意したいこと

関連性の少ない情報を詰め込まない

より記事を充実させたいがあまり、いろんな情報を詰め込みがちですが、この方法は避けるべきでしょう。

 

あまり情報を詰め込みすぎてしまうと、ターゲットがブレてしまい誰にも響かない記事になり兼ねないからです。

 

例えば、吉沢亮さんがハーフだという噂の真相を書く記事なのに、髪型のことについても書いているとか。

 

吉沢亮さんがハーフだという噂が知りたい人にとっては、吉沢さんの髪型については余計な情報ですよね?

 

もしかすると髪型についても知りたいという人はいるかもしれませんが、かなり少数派だと思います。

 

そういった時は「吉沢亮 髪型」と検索して情報を得るでしょうし。

 

なので全く関連性のないネタは、記事を分けて書いた方がいいです。

 

同じ「吉沢亮」でも、検索者が知りたい情報は何か?を考えて情報を詰め込む範囲を決めておきましょう!

表現はなるだけ簡潔に

少しでも良質な記事を書きたいあまり、難しい表現や言い回しを用いてしまいがちですが、これもなるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

これを意識するあまり、二重表現になってしまったり、読者に疑問を抱かせてしまいます。

 

実際、僕も何度か二重表現になっていたことがあり、添削に出して指摘されたことで始めて気がついたケースがあります。

 

丁寧に書くのはもちろん大切ですが、分かりやすく簡潔な表現を用いることを心がけましょう!

まとめ

ブログ1記事あたりどれぐらいの文字数を書けばいいのかを解説しました!

 

「この文字数があれば正解!」という絶対的な答えはなく、自分が選んだネタとキーワードに大きく左右され、

1000文字程度でOKの場合もあれば3000文字以上が理想の場合もあります。

 

少なくとも2000文字以上を書くことを心がければいいのですが、ブログ初心者にとって割とハードルの高い文字数だと思います。

 

そういった時は、読者がプラスアルファで知りたいことを記事に詰め込んだり、上位表示されている記事にはどういったことが書かれているのか参考にしてみましょう。

 

ただし、文字数に意識するあまり関連性の低い情報を詰め込まないようにしましょうね!

 

今回ご紹介した内容が、参考になれば幸いです!

メルマガでは、会社で消耗し我慢する日々からPC1台で脱却する方法を初心者でも分かりやすく解説しております。

メルマガ読者限定でブログ開設から収益化までの流れをまとめたコンテンツもプレゼントしていますのでぜひメルマガもチェックしてみてくださいね!




ゼロからブログで収入を得るための無料メルマガ
登録して見てみる