ワークライフスタイル

頭痛を退職理由にしても全然OK!頭痛持ちが快適に働ける方法とは?【体験談も交えて解説します!】

「頭が痛い」

他の人にとっては大した問題ではなくても、頭痛持ちにとっては特に深刻な問題かと思います。

 

仕事中に頭痛が発生すると、意識が全て頭痛に持っていかれてしまって、全く仕事に集中できなくて本当に困りますよね。

 

そして、頭痛を理由に退職を検討したことがある人は多いと思います。

 

「たかが頭痛」と甘く見ている人も多いため、頭痛を理由に退職してもいいのか迷ってしまいがちですが、僕としては頭痛を理由に退職しても全然OKです!

 

仕事中の頭痛は環境やストレスが大きな原因

そもそも頭が痛くなる原因としては、主に2つ存在します。

  1. 低気圧などの環境の面から
  2. ストレスからくる精神的な面から

仕事中に頭痛が発生する主な原因は、やはりストレスからくる精神的な面からが1番多いです。

 

また、ストレスにも2種類存在します。

  1. 仕事のし過ぎによるもの
  2. 仕事中に緊張状態が続いているもの

長時間の残業が慢性化していたり、休日出勤が発生している時などが「仕事のし過ぎによるもの」が当てはまります。

 

「次にこれをしなきゃ」とか、「これを終わらせなきゃ」とか、常に仕事のことを考え、頭をフル回転させている状態であり、結果ストレスを溜め込むことになります。

 

 

次に「仕事中に緊張状態が続いているもの」については、仕事でミスできないプレッシャーであったり、締め切りに間に合わせないといけない場面などに多いです。

 

「ミスして損失を生み出したくない」「期限内に仕事を終わらせないと損害が生まれる」などの極限状態により脳が緊張し、

大きなストレスになって知らず知らずのうちに自分を追い込んでしまいます。

頭痛で退職しても全然OKな理由

先述した通り、頭痛を理由に退職しても全く問題ありません。

 

「たかが頭痛」と感じる人も中にはいると思いますが、その人の意見は無視してもらって構わないと思います。

 

頭痛のつらさを無視し、我慢して仕事を続けることで生まれるデメリットやリスクがあまりにも大きすぎるためです。

仕事でパフォーマンスを発揮できない

仕事中に頭痛が発生すると、仕事どころではなくなってしまいます。

 

ドクンドクンと脈打つような、もしくは太い縄で締め付けられるような痛みに、全ての意識が乗っ取られます。

 

頭が痛すぎるあまり、すぐに返信すべきメールに対処できていなかったり、早く終わらせるべき仕事がなかなか終わらなかったりという状況に陥ってしまいます。

体と心に大きな悪影響を及ぼす

当たり前のように仕事中に頭痛が発生し、その度に頭痛薬を飲んでいると、当然ではありますが、体と心に大きな悪影響を及ぼします。

 

薬の消耗が激しくなる上にいつも使っている薬がだんだんと効かなくなりますし、その度に買い替えなくてはいけません。

 

薬を用いてその時は症状がおさまったとしても、あくまで一時しのぎにしかならず、また頭痛起きる上に自分の身体に無理をさせていることに変わりありません。

 

また、頭痛の原因の一つであるストレスを放置して溜め込みすぎてしまうと、最悪頭痛どころではなくなってしまいます。

 

仕事はいくらでもありますが、あなたの体は一つしかありません。

 

満足に働けなくなる前に、あらかじめ対処しておく必要があります。

頭痛薬で出費がかさむ

頭痛が発生するたびに薬を飲んでいると、体に悪いのはもちろんですが、金銭面でも悪影響を及ぼします。

 

それだけ消費が激しくなる訳ですから、頭痛薬を買い換える頻度が高くなり、その分出費がかさみます。

 

頭痛薬の価格は、だいたい700円から2000円ほど。

だいたい1ヶ月〜2ヶ月に一回購入する計算だと1年間で5000円〜20000円の出費となります。

 

この出費、地味に痛いと思いませんか?

 

完全に頭痛がなくならないとしても、少しでも頻度を減らすことができればこの出費も大きく減らせるはずです。

 

5000円〜20000円ほどのお金があれば、その分自分の好きな物の購入に当てられるはず。

 

頭痛の改善は、身体面や精神面だけでなく、金銭面でも重要と言えます。

頭痛持ちが快適に働ける方法とは

頭痛が起きているにも関わらず、無理して仕事をこなしていると、後々体だけでなく心まで壊しかねない事態になります。

 

自分自身がストレスを抱え込まないのはもちろんですが、頭痛の根本的な原因を突き止め、対処していく必要があります。

 

ここでは、仕事中の頭痛の改善の手がかりとなる方法を解説していきます。

職場の上司に相談してみる

仕事内容、仕事時間、そして人間関係・・・。

 

こういったストレスから頭痛がきている場合、勇気を出して上司に相談してみましょう。

 

先述の通り、ストレスから起きる頭痛は、

  1. 仕事のし過ぎによるもの
  2. 仕事中に緊張状態が続いているもの

の2通りが多いので、この2点から判断してみてください。

 

今の仕事に対して、あなたが負担に感じている証拠なので、上司に相談して仕事の量を調整するか、もしくは異動を打診してもらうなどの対処が必要です。

転職を視野に入れる

上司に相談して仕事の量を減らしたり、あるいは異動をお願いしたものの、本人の希望が通らない場合もあります。

 

そういった時は、思い切って転職してみるのもいいかもしれません。

 

ストレスの原因が業務内容が自分にあっていないのであれば、やりたいことや興味のあることに挑戦できる会社に転職すると、頭痛を解消できる可能性は大いにあります。

 

あまりストレスを抱えることなく働くためには、自分はどんな仕事が向いているのか考えてみてください。

 

すぐに転職は無理だとしても、転職エージェントに登録して相談してみるだけでも、頭痛に悩まされることのない生活への一歩になります。

思い切って起業する

頭痛の原因がそもそも会社員として働くことに対するストレスであれば、起業してフリーランスとして働くのが一つの手です。

 

とはいえ、特別なスキルや才能がないのに起業なんて・・・と感じる人は多いかもしれませんね。

 

そして、もし失敗した時のリスク(在庫過多や借金)のことを考えると、成功するのは一握りと考えてしまうのではないでしょうか?

 

しかし、ネットが発達した今、少ないコストとリスクで、しかも初心者から始めることができる仕事がたくさんあります。

 

今まさにあなたが読んでいる「ブログ」も、まとまった資金は必要なく、リスクも少ない状態から始めることができます。

 

月々にかかる費用はブログを運営するために必要なサーバー代やドメイン代ぐらいです。(月1000円ほど)

 

全くのブログ未経験という人でも、正しい方向で継続できれば成果を生み出せる世界でもありますので、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

仕事中に起きる頭痛を放っておくと、後々身体面や精神面を壊しかねない事態に発展してしまいます。

 

頭痛も体調不良の一つ。

なので頭痛を理由に退職することは全く甘えではありません。

 

頭痛が発生する大きな原因の一つがストレス。

そのストレスがどこからきているのかを把握し、自分にあった仕事、もしくは働き方を見つけることが大切です。

メルマガでは、会社で消耗し我慢する日々からPC1台で脱却する方法を初心者でも分かりやすく解説しております。

メルマガ読者限定でブログ開設から収益化までの流れをまとめたコンテンツもプレゼントしていますのでぜひメルマガもチェックしてみてくださいね!




ゼロからブログで収入を得るための無料メルマガ
登録して見てみる